​葬儀まで時間が欲しい方へ

​◆◆◆◆◆
葬儀の後、このような悔いを残していらっしゃる方がいます。

● 長い闘病でやっと自宅に戻れたのだから、本当はもっと自宅にいてほしかった。
● 海外から急いで駆け付けたのだが、火葬に間に合わず、最期の対面が叶わなかった。
● 最期の姿が表情も辛そうで痛々しかった。今でもその姿が思い出されて苦しい。
● 感染上の問題から最期の姿を抱きしめることが出来ず、悲しかった。

私たちジーエスアイは、創業以来エンバーミング事業の他、グリーフサポートの教育・研修、ご遺族への支援などを提供してまいりました。
お見送りをするにあたり、火葬までの時間を大切に過ごしていただきたいとお伝えしています。
亡くなってから葬儀・火葬までの時間というのは、お身体が残されている最後の時間です。

この期間は、亡くなった方への哀悼の意をむける時間であることはもちろんですが、ご遺族にとっても重要な期間であることを知っていただきたいと思っています。

大切な人の「お身体」にお別れするということ
​◆◆◆◆◆

あなたの大切な人は、このお身体とともに人生を歩まれてきました。

笑顔も、ぬくもりも、声も、このお身体があればこそ表現されてきたものでした。

しかし、役割を終えたお身体は、火葬され、骨になっていきます。

霊魂はあの世に向かっていくのかもしれませんが、お身体に関しては確実に姿を変えていくのです。当たり前のことですが、火葬を行った後は、生前の姿に会うことは出来なくなり触れることもできません。

大切な人とお別れをするとき、そのお身体に対しても、尊厳を持って最後のかかわり方をしていきたいというお気持ちが湧くことは、とても自然で、尊重されるべきことです。

お別れまでに十分な時間が取れていない現状
​◆◆◆◆◆

一般的にご逝去から火葬までの平均的な日数は、だいたい2~3日かと思われます。
ご家族は、わずか数日の間に、悲しみにくれる間もなく手続きや葬儀の準備など、たくさんのことをしなくてはいけません。
慌ただしさに追われ「無事に葬儀をする」ことが最重要事項となってしまい、本来最も大切にするべき「死に向き合うこと」が十分にできなくなってしまいます。
さらに、この時期は、ご遺族にとって疲労や心労がピークに達しています。 心身の余裕がない状態で対応しなくてはならず、その負担は相当なものです。

このように考えると、本来わずか2・3日で、心の整理をつけながら、納得してお別れをすることは極めて難しいのですが、それでも葬送を急がなくていけないのは、ご遺体の変化をできるだけ最小限に留めるためです。

ゆっくりとお別れをしたい気持ちはありながらも、ご遺体が傷んでいくという避けがたい現実との折り合いをつけなければならず、葬儀・火葬を急がざるを得ないのです。

​悔いのないお別れをするために……
​◆◆◆◆◆

もし、時間を気にすることなく、葬儀までに10日ほど時間があったら、亡くなられた大切な人と一緒にどんな過ごし方をしたいですか?
大切な人を囲みながら、家族みんなで懐かしい写真を見ながらゆっくり振り返ったり、お好きだった食事を一緒に楽しんだり……。特別なことをせず、いつもの日常をともに過ごしたいという方もいらっしゃると思います。
火葬までの期間も、大切な人と一緒に家族の思い出を増やしていけるかけがえのない時間だと捉えていただくと、ゆとりをもってお別れをすることの価値に気付かれると思います。

最期に「家族の時間」をつくることは、悔いの少ないお別れにつながります。

代表からのメッセージ
​◆◆◆◆◆

私は1994年に渡米し、エンバーミングを始めとするアメリカの葬祭に関する専門教育を受け、実際にエンバーマーとしてアメリカの葬儀社で経験を積みました。
アメリカではポピュラーになっているエンバーミングですが、日本ではまだ普及しているとは言い難く、ご存じない方もまだ多くいらっしゃると思います。
エンバーミングを施し、大切な方とゆっくり過ごす時間を取ることができたことで、ご遺族のお顔に安堵が戻る様子を数多く見てきました。ご依頼を受けるときには、ご遺族から故人に対する思いを一緒に預かって、それを最大限に尊重していくことをモットーにしています。

「ご遺族から見た、亡くなった方のその人らしさとはどんなものなのか」
「大切な人とゆっくり向き合いながらお別れをしていただきたい」

ジーエスアイでは、ご遺族の思いを一番に考えて、エンバーミングを提供しています。
最高の技術提供にこだわるのはもちろんのこと、ご遺族に向けたグリーフサポートのひとつとして取り組んでいます。

ジーエスアイのエンバーマーは、技術向上のための継続教育によってクオリティの維持に努めています。

寄り添ったサービスを提供できるよう、処置技術だけではなくグリーフサポートについても深く学び「グリーフサポートバディ」の資格を保有しています。
安心してエンバーミングをご依頼いただけるよう、可能な限りご家族のお話をお伺いするお時間をとっていますので、どんなことでもご相談ください。

 
技術とホスピタリティを兼ね備えた、
ジーエスアイのエンバーマー
​◆◆◆◆◆
牛渡一帆(うしわたかずほ)
 

・IFSA認定エンバーマー(EMB0122)
・IFSA認定スーパーバイザー
・IFSA認定業務管理者
・1級葬祭ディレクター
​・ジーエスアイ認定
​ グリーフサポートバディ
(GSB034)

●エンバーマーになったきっかけ

故人様との最期のお別れに際して、例えばご遺体が腐敗してゆくことや、怪我や病気などで損壊してしまった身体、生前と大きく変わってしまって見るに忍びない様相など「仕方がない」「どうしようもない」ということに対して、「大丈夫ですよ」と言いたくて。


 

●仕事をしていくうえで大切にしていること

ご遺族に安心して故人様を任せてもらえるように、故人様にリラックスして施術をうけてもらえるように、昨日より今日、今日より明日の技術が良くなっていくように心がけています。


 

●エンバーマーとして喜びを感じたエピソード

まだ小さな子供を施術したケースで、後日、ご両親から手紙とその子の写真をいただきました。 
エンバーマーとして心が折れそうな時や迷いがあるとき、その子の写真に語りかけることで一番の相談相手になってくれています。

上園清美(かみぞのきよみ)
 
・IFSA認定エンバーマー(EMB0188)
・1級葬祭ディレクター
​・ジーエスアイ認定
 グリーフサポートバディ(GSB020)
​・毒物劇物取扱者

●エンバーマーになったきっかけ

葬儀社に勤めていた頃、実際にエンバーミングを見学させていただく機会がありました。その時に、故人様の指先や耳に血色がついていくのを目の当たりにし、感動したのを覚えています。 まだまだ技術者が少ないと聞き、1人でも技術者が増えれば 必要な方にもっと届けられるのではないかと思い、エンバーマーを目指しました。
 

●仕事をしていくうえで大切にしていること

目で見ることだけでなく、故人様に触れて手から病と共に生き、生きるために治療を頑張ってこられたんだな...と感じることもあります。  
私たちの手から感じられることはたくさんあり、故人様は私たちに、たくさんのことを教えてくださいます。  
故人様が教えてくださっていることを、ひとつひとつ感じながら施術をしています。

 

●エンバーマーとして喜びを感じたエピソード

ドライアイスが不要というのも、エンバーミングの魅力のひとつです。  
思い出の衣装や「その人らしい」と思いご家族が選んでくださった衣服をドライアイスで隠すことなくご安置できるときは、ご家族と一緒に私も嬉しくなりますね

 

Copyright © ジーエスアイ All Rights Reserved.