​お客様の声

エンバーミングを受けられたお客様の声をご紹介します
​◆◆◆◆◆

埼玉県在住 女性
入院中、息子は「早くおうちに帰りたい、遊びたいおもちゃがある」と言っていました。
元気になって退院し、また一緒の生活が始まることしか私も考えていませんでしたが、残念ながら亡くなった時がお家に帰れる時となってしまいました。


やっと息子が大好きだった自宅に戻れたのに、このまますぐに葬儀となってしまうなんて……とショックを感じている時に、偶然、エンバーミングという技術を知りました。
エンバーミングをしていただいたことで約10日間、家族水入らずで過ごすことが出来ました。

息子の好きだったお料理を作り、一緒に眠り、祖父母や親せきに囲まれ、友人も会いに来てくださり、まるで毎日の暮らしが戻ってきたようでした。

私が一番ありがたかったのは、抱っこをたくさんしてあげられたことです。葬儀会場にも抱っこをして伺いました。


今思い返しても、エンバーミングをしていただいて家で過ごしていたあの10日間は、優しい幸せな家族の思い出です。

東京都在住 女性

父は、肝臓癌でした。入院した時にはすでに手の施しようのない状態で、入院して1週間、あっという間に亡くなってしまいました。

急なことで、仕事もありましたので、すぐに休むこともできず、葬儀まで少し時間をとるために、エンバーミングをお願いしました。

父を家に連れ帰ると、孫たちは「怖い、怖い」と言って、近くに寄ることができませんでした。


しかし、エンバーミングをしてもらい、家に帰ってくると「ジイジは笑っているね」と言って
それから葬儀までの約1週間の間、毎日学校へ行くときには寝ている父に手を合わせ、帰ってくれば、父の枕もとでゲームをして過ごしていました。

父は、亡くなる少し前からむくみもあり、お腹には腹水も溜まり、パンパンに膨れとても苦しそうでしたし、黄疸も出て顔色も変わってしまっていましたので、子供たちにとっては「死んだ人」と言う、怖いイメージや感覚があったのだと思います。


しかし、エンバーミングをして腹水も抜いてもらい、眠っているかのような穏やかな顔色になり、エンバーマーの方が口元を笑っているように施術してくださったので、父はもう苦しまなくて良くなったんだと優しいしいジイジの顔が戻ってきたように感じたのかもしれません。

そのおかげもあって、葬儀までの1週間は、ゆっくりと父と一緒に過ごすことができましたので、葬儀の準備も慌てることもなく、悔いのないお別れができたと思っております。

Copyright © ジーエスアイ All Rights Reserved.