エンバーミングとは

エンバーミングとは
​◆◆◆◆◆
エンバーミングをすると……

●腐敗等のご遺体の変化を気にすることなく、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。慌てることなく、納得いくまで葬儀社選びに時間をかけることができます。

●葬儀の内容やお別れの仕方などじっくり考える時間ができることによって、故人らしい葬儀を作ることができ

ます。

●病気や事故で変化してしまったお顔などの修復を施すことで、元気な頃のお姿に近づけることができます。

●ドライアイスを使用せずに済むため、凍結・霜などの心配がありません。また、触れた時の冷たさや違和感も少なくなります。
 
●遠方から駆けつける方や仕事のスケジュールなどを考慮して、葬儀の日程を決めることが可能になります。

●安心してお別れをするための感染予防にもなります。


病院で亡くなった方の6割を超える方々に何らかの感染症が認められるというデータがあります。
感染症は特別なものではありません。普段の健康状態では感染しないごく弱い感染症でも、免疫力が落ちてしまっている場合には脅威になります。
エンバーミングを施すと、ご遺体の腐敗の進行がほぼ止まり、感染リスクも抑えることができます。

お気持ちが弱って免疫力の落ちてしまっている方、免疫力の低いお子さんやご高齢の方にも安心して亡くなった方のお身体やお顔に触れていただけます。

ジーエスアイのエンバーミングは・・・

●処置後から火葬までの間、エンバーマーを初めとする専門スタッフが、ご遺体の状態を保つためのアフター

 フォローを行います。
●ご遺体の状態によってはエンバーミングをお受けできない場合がありますが、その場合でもエンバーマーが

 お身体の状態を考慮して、火葬までのケア方法をご提案致します。
●ご遺体を海外に搬送するための処置や、移送の手配についても承っております。
●ジーエスアイのエンバーミング事業は一般社団法人日本遺体衛生保全協会(IFSA)の自主基準に基づき、

 処置並びに業務運営を行っております。

●エンバーミングを検討される方には、専門スタッフによる事前相談もお受けしております。

病気や事故で失われた「その人らしさ」を取り戻し、
故人を元気だった頃の安らかなお姿へと近づけていく科学的な技術です。
ご遺体の腐敗を抑えるため、血液を、殺菌、防腐効果のある薬液と入れ替えることで、
腐敗しにくく良い状態を保てるようにします。
また、薬液が赤みのある色なので生前のような血色を与え、自然な顔色や肌に近づきます。
それによりご遺体の状態をドライアイスを使うことなく、10日間前後保つことができます。

Copyright © ジーエスアイ All Rights Reserved.